水草水槽で泳ぎたい

アクアリウム初心者主婦が、水草水槽をはじめました。

水槽の立ち上げ1.レイアウト決め

スポンサーリンク

水槽立ち上げのために、まずはレイアウトを考えました。

イメージを膨らませる


熱帯魚飼育の本やブログ、インスタグラム、Youtubeなどで美しい水草レイアウトを見て、イメージを膨らませます。

最初はADAのことも良く知らなかったし、レイアウトコンテストなるものがあることも知りませんでした。

「こんなレイアウトにしてみたい!」
という憧れは膨らむばかり。

初めての水槽づくりで、果たしてどのようなレイアウトができるのでしょうか。

絵に描いてみる


理想のレイアウトを、ササッと絵に描いてみました。

自分がわかればいいので、雑ですけれども。
こんな水草を植えたいというメモも少し。


流木がアーチのように左右にあって、真ん中に道があるようなイメージです。
初心者にしては無謀ですが、どうしても砂の道を作りたかったのです。


正面からだけでなく、横からや上からどんな感じになるかも描きました。


こうして描いておくことで、実際にレイアウトを組むときに悩まずに済みます。

床で組んでみる


実際に水槽の中にレイアウトする前に、床の上で素材を並べてみました。

アクアショップで購入した流木と石を並べたところです。

f:id:waka2light:20171017132315j:plain

我が家の水槽は、正面だけでなく左側も見える位置にあります。

左からもキレイに見えるレイアウトを考えました。

f:id:waka2light:20171017132354j:plain


写真では水槽台が写っていますが、水槽台の組み立てや水槽の設置は並行して進めていました。

その辺りについては、また記事にしたいと思います。

大体の仕上がりがイメージできました!


あとは、実際に水槽の中でレイアウトを組んでいきます。

この段階で、素材が足りない予感がありましたが、イメージ通りのものになるでしょうか。