水草水槽で泳ぎたい

アクアリウム初心者主婦が、水草水槽をはじめました。

水槽の立ち上げ2.水槽台と水槽の設置

スポンサーリンク

水槽台を組み立てて、水槽を設置しました。

水槽台の組み立て


シンプルな部屋が好みの私は、水槽台もシンプルなものが良いと思っていました。


水槽台は白か木目のものが良いなと思って探して、こちらに決めました!




組み立ては、夫と二人がかりでなんとか。
重量もありますし、結構大変でした。

扉をきっちり合わせるための金具の調整なども必要です。

こんな感じです。
スペースにもぴったり。


ちなみに、こちらはカラーがホワイトとなっていますが、真っ白ではありません!


少しグレーがかった落ち着いた白です。

無印良品のポリプロピレンシリーズのホワイトグレーに近いです。
真っ白だと目立ちすぎるので、これくらい落ち着いているとちょうどいいかも。

水槽を置いて、ライトをつけてみた


水槽とライトはADAのものです。

ADAのキューブガーデンと、アクアスカイムーンの組み合わせ。

水槽を置いて、とりあえずライトをつけてみました。

おお、明るい~


アクアスカイムーンは、アクアスカイシリーズよりもさらに明るいとのこと。
水草水槽にはぴったりですね。

今まで水槽を家に置いたことがなかったので、こんなに明るいとは思っていませんでした。

熱帯魚飼育経験者の夫も
「こんな明るい照明は初めて!」
と言っていました。


何か植物の研究をしている施設のようです。


試しに豆苗を置いてみたりしました。

水草を育てるのに最適な照明は、豆苗の成長も促すようです。笑

この写真は、フィルターなども設置した後です。

大体揃いました!


夫はブランドにも細かいデザインにも全く興味がない人なので、私がADAがいいと言うのにもあまり乗り気ではありませんでしたが、やっぱりADAのスタイリッシュなデザインはたまらないですね。


コトブキの水槽台でも、ADAの水槽&ライトのすっきりさを損ねないと思いました。


水槽も水槽台もフィルターも全部ADAで揃えられたらかっこいいけれど、予算がね…

www.adana.co.jp

妥協できる部分は別のメーカーのものにしました。


この後、やっぱりデザイン的に納得いかない…という部分も出てくるのですが。


それはまた、次回以降に。