水草水槽で泳ぎたい

アクアリウム初心者主婦が、水草水槽をはじめました。

水槽の立ち上げ3.素材の準備

スポンサーリンク

こんにちは。わかこです。

水槽台と水槽の設置が完了したので、次は水槽の中に入れる素材の準備です。

流木のアク抜き


アクアショップで選んだ流木は二つ。

こちらの記事で並べたものです。

waquarium.hatenablog.jp


大きいほうは、アクが出にくいように処理済みのもの。
小さいほうは、特になにも表記されておらず、お安かったです。


どちらも水に浸しました。

アクが完全に抜けるまでには時間がかかるとのことでしたが、早く水槽に入れたかったので、浸していたのは2~3日です。

初日は重曹をお湯で溶かしたものに漬けていました。

こんなにも色が!!


3日目には水の色がほとんどつかなくなったので、こんなもんだろうと思って終了。

本来なら、もっとしっかりアク抜きをしたほうがいいと思います。

ウィローモスを巻きつける


ウィローモスを石や流木に巻きつけました。

ウィローモスは、チャームさんで注文したパック入りのものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)ウィローモス(無農薬)(1パック)
価格:1260円(税込、送料別) (2017/10/19時点)


私が購入したのは3パックセットだったかと思うのですが、結果的に半分くらい余りました。


少し茶色くなっている部分があったので取り除いて、1~2cmにカットしました。

それを、テグスで石に巻き巻き。


流木にも巻きつけました。

水草のお手入れ


ウィローモスの他に購入した水草は、キューバパールグラス、ピグミーマッシュルーム、アマゾンチドメグサ、アヌビアスナナ、アヌビアスナナ・ミニ、ロタラインディカ、もう一つロタラ系(名前忘れちゃいました)


キューバパールグラスの絨毯に憧れて購入したのですが、初心者にはなかなか難しいチョイスだったと思います。


ウィローモスとキューバパールグラス以外は、アクアリウムショップで実物を見て購入しました。

ピグミーマッシュルームは、ADAのBIOみずくさの森!


無農薬のものや培養カップのものもありますが、輸入水草もあったので「水草その前に」で下処理。



傷んだ葉は取り除いて、植えやすいように下部分は茎だけにします。

無農薬のキューバパールグラスからは、細いミミズのような虫がうにゃうにゃ…
処理してよかったです。



こんな感じで、素材の準備は完了です。