水草水槽で泳ぎたい

アクアリウム初心者主婦が、水草水槽をはじめました。

水槽の立ち上げ4.ソイルを入れる

スポンサーリンク

こんにちは。わかこです。

水槽の設置と水草など素材の準備が完了したので、いよいよ水槽にソイルを入れます。

段ボールで仕切りをつける


砂の道を作りたかったので、段ボールで仕切りをつけました。


セロハンテープはガラス面にひっついたまま水槽内に残りそうだったので、メンディングテープを使いました。


段ボールはそのままでは固くて曲がりにくいので、あらかじめくるくる巻いたりして柔らかくしておきます。

段ボールより薄めの厚紙などでもよいと思います。
ソイルを入れて曲がらない程度の厚みで!

ソイルを敷く

仕切りをつけたら、まずはソイルを敷きます。


私が選んだのはプラチナソイルです。



栄養が豊富なソイルだと、コケに悩まされるかなと思って、栄養分が控えめなソイルの中に肥料を埋め込む作戦です。


まずはプラチナソイルのノーマルを敷いて、その上に肥料としてイニシャルスティックを仕込みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テトラ イニシャルスティック 300g 関東当日便
価格:980円(税込、送料別) (2017/10/20時点)



その上からプラチナソイルのスーパーパウダーを薄く敷きます。

キューバパールグラスの絨毯のために、細かいスーパーパウダーを敷いたのですが…

いろいろいじっているうちに、どんどん細かい粒は沈んでしまいました。

道部分を作る


砂を敷く前に、ソイルが流れないように霧吹きで全体を湿らせます。


ソイルの次に、真ん中の道部分に、ADAのラプラタサンドを敷きました。

ラプラタサンドは、あらかじめ洗っています。


うまく敷き詰められました。

段ボールを外す


ソイルと砂を敷いた段階では、とても綺麗に区切られています。

段ボールの取り外し。
緊張の一瞬です。


うまく外れたー!

セロハンテープだと、もうちょっと粘着力が強くて、うまく外れなかったかもしれません。

メンディングテープでちょうどよかったです。

素材を配置


ソイルと砂の境目に石を置いて、流木も置いて、水をある程度入れて、とりあえず完了。

石は、ソイルと砂の仕切りになるように置いています。
最初に買った分では足りなかったので買い足しました。


水は最低限にして、先に水草の植栽をしたかったのですが、設備担当の夫の
「早くフィルター動かしたい!」
という希望で、フィルターも稼動させました。

注水は、せっかくきれいに敷いたソイルや砂が舞わないように、発泡スチロールの板の上からそーっと。



設置は夫に全てお任せです。
経験者に任せたほうがスムーズですしね。

しかし、設置にてこずって水槽内の水がろ過機から溢れて水浸しというハプニングも。


なんとか無事に設置して、完了。




…と思ったけど、前から見ると前面と背面にあまり高低さがなくのっぺりした印象。

ここで妥協するのは嫌だったので、面倒ではありましたがソイルを足すことにしました。

もう水入ってるのに大変だ~~


続きます。