水草水槽で泳ぎたい

アクアリウム初心者主婦が、水草水槽をはじめました。

ミナミヌマエビの様子が気になって仕方が無い

スポンサーリンク

こんにちは。わかこです。

コケ取り部隊として入れたミナミヌマエビ。

水質の変化に敏感とのことで、環境に順応できるか毎日気にしていました。

初日の様子

入れた初日は、すぐに砂やソイルのコケをツマツマと食べていました。

夫と二人で「かわいい~~!!」と感動。

二人とも今まであまりエビに興味がなかったのですが、夫は「シュリンプ水槽を作りたい」とまで言う始末。


魅力がよくわかりました。

翌日の様子

朝、照明をつけてみると、水槽内を活発に泳ぎ回るミナミヌマエビたち。

体はほぼ透明で、お腹の辺りが赤くなっています。

全然食事をしていなかったのでしょうか。


水面に向かって泳ぐ姿がとても心配でした。


もしかすると、夜間に照明を消していたので、植物の光合成が行なわれずに酸素不足になっていたのかも。


エビは酸欠になりやすいとのことで…

昼間はCO2を添加していますが、夜はエアレーションしたほうがいいのかもしれません。


あまり水槽内に器具を増やしたくはないのですけどね。
ただでさえ、エーハイムのパイプとかヒーターが目立つ水槽なのに…
(別に変だと言っているわけではなく、すっきりした水槽に憧れているということです)


フィルターのパイプを、リリィパイプなどにして、水面をぷくぷくさせるという方法もありですね。



朝はせわしなく動くエビたちが心配でしたが、数時間すればすっかり落ち着きました。

水草が光合成を始めて、酸素が供給されるようになったからかな?


ツマツマと一生懸命コケを食べてくれています。

でも、うちの水槽内のコケを食べ尽くすほどの能力は彼らにはなさそうですね(笑)


やっぱりヤマトヌマエビのほうがよかったのかしら。

水槽の様子


水槽は、こんな感じです。

ブログは更新が遅くなってしまっていますが、この写真は9月末頃の様子です!